公益社団法人日本獣医学会
     
  日本獣医学会疾患名用語集の作成および改訂の経緯について  
 
 獣医学領域における用語の標準化に関するプロジェクトは、2008年当時、日本獣医学会の理事を務めておられた岡田幸助先生(岩手大学前教授、現名誉教授)のお声がけによって始められました。その際、学術担当理事であった辻本がその監修委員長に就任することになりました。
 2008年9月25日、第1回打ち合わせ会議が宮崎での学術集会(ワールドコンベンションセンターサミット)時に開催され、おもに臨床および病理学分野の先生46名が実行委員として作業を開始することとになりました。それぞれの動物種について、分野ごとに臨床関連の先生によってリストアップされた疾患名を病理関連の先生と協議することによって標準的な疾患名リストが作成されました。そのリストを監修委員会が整備し、理事会に諮った後、2010年4月に第一次Web公開版として公表しました。
 その後、歴代の監修委員会が3回の改訂を行い、今回第四次改訂版を公開する運びとなりました。家畜伝染病/届出伝染病およびWHO組織学的分類との整合性に関しては今後の課題となっておりますので、このウェブサイトを通じてそれらリストを参照することができます。本サイトの「ご意見登録」システムをご利用いただき、本学会会員の皆様によってこの用語集をさらに充実したものにしていただくことを願っております。
2015年9月

 
ご意見の募集について
 本用語集を整備してより良いものにするため、学会員の皆様からの
 ご意見を募集しております。疾患名表示ページの下段にある
 「ご意見登録」をクリックし、登録ステップにお進み下さい。
 
 
     
  日本獣医学会疾患名用語委員会

<第三次監修委員(2013-2015)>
 辻本元(委員長)、今井壮一(故人)、三角一浩、杉浦勝明、内田和幸、金本英之
<第二次監修委員(2011-2012)>
 辻本元(委員長)、明石博臣、今井壮一(故人)、上塚浩司、岡田幸助、渡辺大作
<第一次監修委員(2008-2010)>
 辻本元(委員長)、岡田幸助、中山裕之、西村亮平、松本芳嗣

<実行委員(2008-2010)>
 伊藤博、上塚浩司、内田和幸、内田佳子、宇塚雄次、宇根有美、遠藤泰之、大野耕一、岡田洋之、奥田綾子、落合謙爾、小山田敏文、片山芳也、門田耕一、
 印牧信行、北川均、久保正法、桑野睦敏、小岩政照、小山秀一、御領政信、斉藤久美子、佐藤れえ子、佐藤繁、芝原友幸、島田章則、鈴木雅実、武内ゆかり、
 田中浩二、筒井敏彦、中村菊保、西藤公司、長谷川大輔、林俊春、日笠喜朗、久末正晴、藤田道郎、古岡秀文、松木直章、望月学、柳井徳磨、山岸則夫、
 山口良二、山手丈至、大和修、渡辺大作

     
 
疾患名用語集の目次へ